小型二輪車新車販売、Z900RS ヒットのカワサキが8年ぶりのトップ 2018年上半期

モーターサイクル 企業動向
Z900RS/メタリックスパークブラック
Z900RS/メタリックスパークブラック 全 2 枚 拡大写真
全国軽自動車協会連合会は2018年上半期(1~6月)の小型二輪車新車販売台数を発表。前年同期比0.6%増の3万3108台、微増ながら4年ぶりのプラスとなった。

メーカー別では、『Z900RS』などが好調だったカワサキが同68.1%増の8485台で2年連続のプラス、7年ぶりのトップとなった。前年トップだったホンダは同18.1%減の6454台で2年ぶりのマイナス。3位ヤマハは同24.1%減の5023台で3年連続のマイナスだった。スズキは同11.2%増の2796台で2年ぶりのプラス、輸入車などのその他は同4.6%減の1万0350台で2年連続のマイナスだった。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ヤマハ TMAX560 TECH  MAX(左)と XMAX(右)
  • トライアンフ茅ヶ崎
  • 旋回中も足回りが踏ん張るので、きちんと向きを変えていける
  • HUDとリヤカメラを内臓したスマートヘルメット「クロスヘルメット X1」を青木タカオ氏が試した
  • 世界限定500台のドゥカティ『スーパーレッジェーラV4』
  • KTM 890DUKE R
  • ヤマハ XMAX
  • ミツバサンコーワEDR-21G/L

ピックアップ