スマート世界販売6%減、EV好調のドイツは21%増 2018年上半期

自動車 ビジネス 海外マーケット
スマート・エレクトリックドライブ
スマート・エレクトリックドライブ 全 4 枚 拡大写真
メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)傘下のスマート(Smart)は7月6日、2018年上半期(1~6月)の世界新車販売の結果を公表した。総販売台数は6万5660台。前年同期比は6%減だった。

上半期の市場別実績では、地元ドイツが前年同期比21.2%増と好調。スマートによると、2017年夏に発売された『フォーツー』と『フォーフォー』のEV、「エレクトリックドライブ」の成功による部分が大きいという。

また6月単月では、全世界で1万3000台以上を販売。前年同月比は5%増と堅調だった。

スマートブランドの2017年の世界新車販売は、13万5025台。前年比は6.5%減と、マイナスに転じている。

スマートは、2020年から全モデルを電動化する計画。まずは欧州と米国で、ガソリンエンジン搭載車の導入を終了し、EVに一本化。その後、全世界へこの戦略を拡大していく。

当時は輸入車をメインに取り扱う中古車販売店がほとんどなかったため、現社長の…

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • スマート EQフォーフォー
  • スマート EQ フォーツー 改良新型(フランクフルトモーターショー2019)
  • スマート EQ フォーフォー 改良新型(フランクフルトモーターショー2019)
  • スマート EQ フォーツー 改良新型
  • BMW 5シリーズツーリング 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ダッジ チャージャーSRTヘルキャット ワイドボディ カスタムカー
  • ランボルギーニ エストーケ コンセプト(参考画像)
  • VW T7 開発車両スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/07/09/311694.html/article/2018/07/09/311693.html/article/2018/07/09/311695.html