ポルシェ、800Vの急速充電ステーション開設…400km航続分を20分以内に充電

エコカー EV
ポルシェがドイツ・ベルリンに開設した800Vで急速充電できる充電ステーション
ポルシェがドイツ・ベルリンに開設した800Vで急速充電できる充電ステーション 全 1 枚 拡大写真
ポルシェは7月11日、800Vで急速充電できる充電ステーションをドイツ・ベルリンに開設した、と発表した。

電動車両向けのDC急速充電ステーションは通常、400Vの電圧で作動する。400kmの航続に必要なバッテリーの充電時間は、40~80分。ポルシェによると、電圧を800Vに上げると、400kmの航続に必要なバッテリーの充電時間は、20分以内へ大幅に短縮できるという。

800Vの急速充電ステーションの建設は、革新的な技術をテストするパイロットプロジェクトとして実施。ポルシェ車以外の電動車でも、無料で利用することができる。

なお、この急速充電ステーションは、「コンバインド・チャージング・システム」(コンボ方式)に対応。また、ポルシェは2019年に初の市販EV、『タイカン』を投入する予定。タイカンは800V技術を搭載したポルシェの最初の量産車になる予定、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ カイエン ランボルギーニ ウルス BMW X7 アウディ Q8 アストンマーティン DBX メルセデスベンツ GLS
  • ポルシェ・パナメーラ 改良新型のプロトタイプ
  • ADVAN A005(ドライ用)
  • BMW 2シリーズクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フィアット ティーポSW クロスオーバー 開発車両(スクープ写真)
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ