日産 キャシュカイ はどうなる? 兄弟車のルノー カジャー、大規模改良で新エンジンも

自動車 ニューモデル 新型車
ルノー カジャー 改良新型スクープ写真
ルノー カジャー 改良新型スクープ写真 全 15 枚 拡大写真
日本では昨年に限定車を発売し、今年よりカタログモデルとして販売を開始したルノーのクロスオーバーSUV『カジャー』。その改良新型プロトタイプを初めてカメラが捉えた。

カジャーは日産『キャシュカイ』と同じ「CMF」プラットフォームを採用する兄弟車だ。

キャッチしたプロトタイプは、フロントとリアに厳重なカモフラージュが施されている。主なデザイン改良点は、ヘッドライトとテールライトのグラフィック、クロームトリムを追加したフロントグリル、フォグランプのデザインと位置修正などだ。リアバンパーのライトは現行モデルより、ワイド化されており、それに合わせてバンパーのデザインも変更されそうだ。

フェイスリフトとしは、かなり大掛かりな改良がおこなわれるようだ。キャシュカイの改良新型プロトタイプはまだ捉えていないが、日本復活やそのデザインの行方も要チェックだ。

パワートレインにも注目だ。ルノー日産アライアンスは、ダイムラーと共同開発した1.3リットル直列4気筒直噴ターボエンジン「TCe」を、2018年3月のジュネーブモーターショーで発表している。これはメルセデス『Aクラス』新型にも搭載される「M282型」のルノー版。このエンジンにより、最高出力は165ps、最大トルクは、240Nmへと向上するとレポートされている。

ワールドプレミアは、10月。地元パリモーターショーが有力のようだ。

◆話題の新型車を最速スクープ『Spyder7』
http://spyder7.com/

《Spyder7編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV