東京無線が「全国タクシー」アプリに加入、都内で呼べるタクシーが1.5倍に

自動車 テクノロジー ネット
(イメージ)
(イメージ) 全 2 枚 拡大写真
タクシー配車アプリ「全国タクシー」を運営するJapanTaxiは、東京無線協同組合と提携したと発表した。

これによって7月25日から東京都23区・武蔵野市・三鷹市での「全国タクシー」アプリ利用時、東京の6事業者、合計1万1604台の中からタクシーを呼ぶことができるようになると。

「全国タクシー」に、新たに東京無線の3774台が加わり、東京都23区・武蔵野市・三鷹市で呼べるタクシーが、これまでの7830台から1万1604台と、従来の約1.5倍に増える。

東京無線は、電話やアプリ注文を受けて、乗客を迎えに行く無線配車で、都内有数の実績を持つ事業者。今回の提携により、無線配車数上位2社が「全国タクシー」アプリに対応することとなる。また、東京都の全無線配車回数の約6割を占める事業者が「全国タクシー」加盟となり、より一層タクシーを呼びやすくなる。

7月26~29日に開催される「2017-2018 FIM世界耐久選手権最終戦“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第41回大会」のみどころは…

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • DRIVE CHART
  • 新タクシーアプリ「GO」
  • 安全に安心して利用できる道路づくりを提言
  • アプリから車いす対応タクシーの指定注文が可能に
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ