米国PHV販売、プリウス が制す…前年比45%の伸び 2018年上半期

エコカー EV
トヨタ・プリウスPHV(米国名:プリウス・プライム)
トヨタ・プリウスPHV(米国名:プリウス・プライム) 全 4 枚 拡大写真
トヨタ自動車の『プリウスPHV』と、GMのプラグインハイブリッド車(PHV)、シボレー『ボルト』。両車の2018年上半期(1~6月)の米国における新車販売結果がまとまった。

これは、両社が公表した米国新車販売のデータから明らかになったもの。それによると、ボルトの2018年上半期の販売実績は7814台。前年同期比は28.5%減と2桁の落ち込み。

一方、プリウスPHV(米国名:『プリウス・プライム』)の2018年上半期の米国販売台数は、1万4255台。前年同期に対して45.2%増と大きく伸び、ボルトに6000台以上の差をつけて、2018年上半期の米PHV市場を制した。

なお、プリウスPHVは上半期、プリウスシリーズの米国における全販売台数の中で、およそ26%を占めた。米国では、プリウスシリーズ全体の販売が落ち込む中、PHVだけは伸びている。

両車の2017年の販売実績は、ボルトが2万0349台で、前年比は17.8%減と2桁の落ち込み。プリウスPHVの2017年の米国販売台数は、2万0936台。新型投入の効果で、前年に対しておよそ8.5倍の大幅増となり、ボルトに587台の差をつけ、2017年の米PHV市場を制している。

《森脇稔》

トヨタ プリウス PHVの燃費はこちら!

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 幻の日産「MID4」がついに現実に!? 謎のアルピーヌ開発車両をスクープ
  2. 【スズキ ワゴンRスマイル 新型試乗】スライドドアだけじゃない、ひと味違う「こだわりワゴン」…島崎七生人
  3. ホンダ、3列シートの小型SUV『BR-V』新型を発表…インドネシア
  4. 21世紀に開業、SLや新幹線もあった…来春に廃止の方向、函館本線流山温泉駅
  5. ロータス『エミーラ』に405馬力スーパーチャージャー、「V6ファーストエディション」を欧州発表
  6. 車名は「GR S」に!? トヨタ GRヤリス がさらなるパワーアップ、迫力の外観を激写
  7. トヨタ ヤリス など、39車種11万台をリコール…事故自動緊急通報装置などに不具合
  8. ホンダ シビック 新型、日本にない2.0リットル自然吸気エンジン設定…米国発売
  9. 【あと24時間アンケート】スバル WRX 新型…第一印象おしえて
  10. スポーツツアラーらしからぬ先鋭デザイン、スズキ『GSX-S1000GT』発表…クルコンなど最新装備満載
ランキングをもっと見る