トヨタの燃料電池大型トラック、航続が1.5倍に…改良新型発表

エコカー EV
トヨタの燃料電池大型トラックの改良新型モデル
トヨタの燃料電池大型トラックの改良新型モデル 全 8 枚 拡大写真
トヨタ自動車の北米部門、トヨタモーターノースアメリカは7月30日、燃料電池システムを搭載する大型トラックの改良新型を発表した。

この大型トラックは、米国カリフォルニア州の「プロジェクト・ポータル」と呼ばれる実証実験で使用。燃料電池パワートレーンを搭載した大型トラックコンセプトで、同車には、市販燃料電池車、『ミライ』のFCスタック2基と12kWhの駆動用バッテリーを採用。最大出力は670hp以上、最大トルクは183.2kgmを発生する。

大型トラックコンセプトは実証実験において、1日あたり約320kmを走行。積荷を含めて、総重量はおよそ36トン。まずは、ロサンゼルス港やロングビーチのターミナルを基点に、倉庫へ物資を輸送している。

今回発表された改良新型モデルでは、これまでの実証実験で得られたノウハウを投入。水素タンクの本数を4本から6本に増やし、通常運航における水素満充填時の推定航続距離を、約320kmから約480kmへ1.5倍に伸ばした。

さらに、居住性と操縦性を向上させる取り組みとして、運転席のスペースに簡易ベッドを備えたスリーパーキャブを採用。燃料電池ユニットの配置を工夫し、ホイールベースを延長することなく、従来よりも広い室内空間を確保した、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ