パナソニック電動アシスト自転車、エントリーユーザー向けスポーティーモデル発売へ

自動車 ニューモデル モビリティ
パナソニック ベロスター
パナソニック ベロスター 全 2 枚 拡大写真
パナソニック サイクルテックは、エントリーユーザー向け電動アシスト自転車スポーティーモデル「VELOSTAR(ベロスター)」シリーズ2機種を9月上旬より発売する。

新機種は、クロスバイクタイプで軽快な走りを楽しむ「ベロスター」、小径タイヤで取り回しのよい「ベロスター・ミニ」の2モデル。通勤・通学に使用しつつ、単なる移動時間をスポーツを楽しむ時間へと変えることで、サイクルスポーツのエントリーユーザー市場の拡大を図る。

ベロスターシリーズはスタイリッシュなデザインに、外装7段変速を搭載。高速巡行性に優れた700×38Cタイヤを採用したベロスターは市街地のアップダウンを軽く登りきることができ、20インチタイヤを採用したベロスター・ミニは、高速ギヤにより小径タイヤながらも軽快な走りを実現する。

また、持ち運びが楽な容量8Ahの軽量リチウムイオンバッテリーを搭載し、1回の満充電でベロスターは28km、ベロスター・ミニは31kmのアシスト走行が可能。さらにどこでもスッキリ置ける新開発のスタンド式小型専用充電器を採用し、約4.5時間で充電を完了する。

カラーはベロスターがホワイト、ブラック、レッド、ベロスター・ミニはオリーブ、ブラック、オレンジの各3色を設定。価格(税抜)は9万5000円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV