パイオニア、カルソニックカンセイとの提携協議認める 経営再建急ぐ

自動車 ビジネス 企業動向
パイオニア・カロッツェリア「サイバーナビ」(参考画像)
パイオニア・カロッツェリア「サイバーナビ」(参考画像) 全 1 枚 拡大写真
パイオニアは、経営再建に向けてカルソニックカンセイを含めて複数の企業と提携を協議していると発表した。

パイオニアは自動車メーカー向けカーナビゲーションシステムなどの収益が悪化し、業績が低迷、今期の業績も50億円の最終赤字となる見通し。経営再建プランの策定が遅れていることから取引銀行から今期中に返済期限が到来する借入金の借り換えを確定できていないことから、「継続企業の前提に重要な疑義がある」と注記した。

パイオニアは経営再建に向けて全社的な経営改善計画や収益性回復に向けて自動車メーカー向け事業の抜本的な見直しを検討しており、この一環でカルソニックカンセイを含めた複数の企業と提携を協議しているとしている。

《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ