スマート フォーツー、ブラバス がパワー倍増…ポケットロケット『125R』発表

自動車 ニューモデル 新型車
ブラバス 125R
ブラバス 125R 全 4 枚 拡大写真
ドイツに本拠を置くブラバスは8月9日、ブラバス『125R』(Brabus 125R)を発表した。スマート『フォーツー・カブリオ』を高性能化したモデルとなる。

ブラバスは、メルセデスベンツのトップチューナーとして知られる存在。メルセデスベンツは2003年、ブラバスとの協力により、初代スマートのブラバス仕様を発表。その後、2代目、現行の3代目スマート『フォーツー』にも、ブラバスが設定されている。

今回発表されたブラバス125Rは、最新の3世代目スマートフォーツーのオープン版、フォーツー カブリオを高性能化。車体のリアに搭載される排気量898ccの直列3気筒ガソリンターボエンジンを、ブラバスがチューニング。最大出力125hp、最大トルク20.4kgmを獲得する。

このスペックは、ベース車両のフォーツー カブリオの71hp、9.3kgmに対して、ほぼ倍増といえるもの。ブラバス125Rはパワーアップの効果で、動力性能は0~100km/h加速9.2秒、最高速175km/h(リミッター作動)。ブラバスは、ポケットロケット、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ブラバス 800(フランクフルトモーターショー2019)
  • ブラバス 800(フランクフルトモーターショー2019)
  • ブラバス B35
  • ブラバス 800 ブラックオプス
  • BMW 5シリーズツーリング 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ダッジ チャージャーSRTヘルキャット ワイドボディ カスタムカー
  • ランボルギーニ エストーケ コンセプト(参考画像)
  • VW T7 開発車両スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/08/10/312982.html/article/2018/08/10/312981.html/article/2018/08/10/312983.html