ブラバス、メルセデスベンツ Gクラス 新型を強化…500hpにパワーアップ

自動車 ニューモデル 新型車
メルセデスベンツGクラス新型のブラバス仕様
メルセデスベンツGクラス新型のブラバス仕様 全 7 枚 拡大写真
ドイツに本拠を置くブラバス(Brabus)は8月10日、新型メルセデスベンツ『Gクラス』のカスタマイズプログラムを発表した。

ブラバスは、メルセデスベンツのトップチューナーとして知られる存在。そのブラバスが、2018年1月に登場した新型Gクラスを高性能化している。

ブラバスがベース車両に選んだのは、新型Gクラスのガソリンエンジン搭載車「G500」グレード。4.0リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンを搭載。最大出力422hp、最大トルク62.2kgmを引き出す。

ブラバスはこのエンジンに、電動ブースト圧コントロールやコンピューターを中心にチューニング。その結果、最大出力500hp/5600rpm、最大トルク72.4kgm/2250~4250rpmを獲得する。

これは、ベース車両のG500に対して、78hp、10.2kgmの強化。この効果で、0~100km/h加速5.7秒、最高速210km/h(リミッター作動)の性能を発揮する。この他、内外装にも、ブラバスらしいカスタマイズプログラムが豊富に用意されている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • メルセデスベンツGクラス新型
  • メルセデスAMG G63
  • メルセデスベンツGクラス新型
  • メルセデスベンツ G500/G550 4x4 スクエアード 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 3シリーズ のEV版、市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ランドローバー ディスカバリー 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ タイカン・クロスツーリスモ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ