ホンダ シビック セダン、表情一新…2019年型を米国発表

自動車 ニューモデル 新型車
ホンダ シビック セダンの2019年モデル
ホンダ シビック セダンの2019年モデル 全 1 枚 拡大写真
ホンダの米国部門、アメリカンホンダは8月19日、『シビック セダン』(Honda Civic)の2019年モデルを発表した。

現行『シビック』は10世代目モデル。2015年秋、米国でセダンが発表された。2017年9月には、日本市場にも復活導入を果たしている。この現行シビックセダンがデビューからおよそ3年を経て、初の本格改良を施して2019年モデルに進化を遂げた。

2019年モデルでは、外観をフェイスリフト。フロントは、新デザインのグリルやヘッドライト、バンパーを採用し、イメージを一新。リアバンパーには、クロームのアクセントが追加され、ホイールのデザインも変更された。

また、2019年モデルには、新グレードの「スポーツ」を設定。ピアノブラック仕上げのフロントグリルやトランクスポイラー、エアロバンパー、18インチアルミホイールなどを装備。2.0リットル直列4気筒ガソリン「i-VTEC」エンジンを搭載している。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ホンダ・シビック・セダン の2020年モデル
  • ホンダ・シビックタイプR無限仕様
  • 今回が初開催となった「HSDM-R」の会場である鈴鹿サーキット交通教育センターにて
  • ホンダ・シビック・セダンSiの2020年モデル
  • BMW 5シリーズツーリング 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ダッジ チャージャーSRTヘルキャット ワイドボディ カスタムカー
  • ランボルギーニ エストーケ コンセプト(参考画像)
  • VW T7 開発車両スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/08/15/313050.html/article/2018/08/15/313049.html/article/2018/08/15/313051.html