マルチスズキの上級セダン、全車が新開発マイルドHV搭載…燃費は21.56km/リットル

エコカー ハイブリッド
スズキ・シアズ
スズキ・シアズ 全 3 枚 拡大写真
スズキのインド部門、マルチスズキは8月20日、上級セダンの『シアズ』(Suzuki Ciaz)のガソリンエンジン全車に、新開発の「スマートハイブリッド」を搭載すると発表した。

シアズは2013年春、上海モーターショー2013において、『オーセンティックス』の名前でワールドプレミア。その後、デリーモーターショー2014では、シアズに車名を改め、インドデビューを果たした。インドでは、ミッドサイズのプレミアムセダンとして販売されており、累計販売は22万台を超えている。

このシアズのガソリンエンジン全車が今回、新開発のスマートハイブリッドを搭載。新型の1.5リットル直列4気筒ガソリンエンジンに、リチウムイオンバッテリーを組み合わせたマイルドハイブリッドシステムとなる。

1.5リットル直列4気筒ガソリンエンジンは、最大出力105ps、最大トルク14kgmを発生。新開発のスマートハイブリッドでは、トルクアシスト機能によって、加速時などにエンジンのパワーをアシスト。減速時には、エネルギーの回生を行う。アイドリングストップも採用。

燃費は21.56km/リットル。マルチスズキは、ガソリン全車のマイルドハイブリッド化は、インドのミッドサイズプレミアムセダンセグメント初。クラスをリードする燃費性能、としている。

《森脇稔》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. トヨタ クラウン 次期型、確定デザイン…FF? 4WD? SUV? 決着!!
  2. これが日産の本気!コンパクトカーの概念を覆すノート オーラの真髄を女子編集者と中谷明彦がロングドライブで検証してみた!PR
  3. メルセデスベンツ、PHEV開発終了へ...2020年代終わりにはMTも廃止に
  4. シトロエン C4 新型、フランス本国では市場セグメントで販売首位
  5. ー代限りの名車、BMW『Z8』がクーペで蘇る
  6. トヨタ、10月も国内14工場27ラインで延べ135日稼働停止へ
  7. 「ワンストップ型ETC」社会実験を実施へ 本町山中有料道路
  8. ホンダ シビック 新型、生産開始…米で初めてハッチバック組み立て
  9. 3カメラで前後左右さらに車内をフルハイビジョン録画、セルスターの新型ドラレコ発売
  10. ダイハツ タント 一部改良、ターボモデルに電動パーキングブレーキなど標準装備
ランキングをもっと見る