メルセデスベンツ仙台青葉がオープン、最新CI採用のヤナセ1号店

自動車 ビジネス 国内マーケット
ヤナセ 仙台支店 青葉ショウルーム(メルセデス・ベンツ仙台青葉)
ヤナセ 仙台支店 青葉ショウルーム(メルセデス・ベンツ仙台青葉) 全 1 枚 拡大写真
ヤナセは、ダイムラー社が新しく展開する拠点CI「MAR2020」コンセプトを採用する同社1号店「ヤナセ 仙台支店 青葉ショウルーム」(メルセデス・ベンツ仙台青葉)を宮城県仙台市青葉区に新設し、8月23日より営業を開始した。

ヤナセは創業後間もない1920年に、仙台支店を開設して営業を開始。その後、1965年1月に、仙台市青葉区大町に東北エリアの本部機能も備えた拠点を構えた。そして、2016年5月、仙台市太白区あすと長町への移転・新設に伴い、青葉区大町の拠点を一旦、閉鎖。今回、同地に再びショウルームを開設した。

新ショウルームは、西公園通りと青葉通りが交差する「大町」交差点角、仙台市地下鉄東西線「大町西公園駅」すぐの、アクセス良好な立地に所在。なお、アフターサービスは「ヤナセ 仙台支店」(メルセデス・ベンツ仙台あすと長町)のスタッフが担当する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 3Dスキャナでお出かけパーツをつくる(ヤナセ、オートモビルカウンシル2020)
  • 1952年に初輸入されたメルセデス・ベンツ 170V
  • メルセデスベンツBクラス新型
  • オークション会場の様子
  • BMW 2シリーズクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フィアット ティーポSW クロスオーバー 開発車両(スクープ写真)
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ