秋田県内の奥羽本線にSL列車、185系は川越線や青梅線、横須賀線などで運行…JR東日本秋の臨時列車

鉄道 企業動向
今秋は奥羽本線秋田~湯沢間で運行されるC61 20。
今秋は奥羽本線秋田~湯沢間で運行されるC61 20。 全 2 枚 拡大写真
JR東日本は8月24日、秋の臨時列車運行計画を発表した。10月1日から11月30日まで新幹線、在来線合わせて2110本が増発される。

このうち在来線では、10月13・14日に奥羽本線秋田~湯沢間で快速『SLこまち号』を運行。時刻は秋田7時10分発~湯沢12時09分着・12時39分発~秋田17時21分着。C61形蒸気機関車(C61 20)とディーゼル機関車の間に旧型客車6両を連結するプッシュプルで運行される。

なお、この運行に先立ち、10月11日には秋田~横手~湯沢間で試乗会が開催される。試乗列車の時刻は、秋田7時10分発~横手9時16分着・11時38分発~湯沢12時09分着・12時39分発~横手13時08分着・14時45分発~秋田17時21分着。

秋田県内在住者を対象に、秋田→横手、横手~湯沢、横手→秋田の区間ごとに合計1000人を募集する。申込みはJR東日本秋田支社のウェブサイトで9月7日23時59分まで受け付ける。

また、E257系特急型電車の特急『踊り子』への進出により去就が注目されている185系特急型電車は、10月20・21日に大船~川越間の快速『川越まつり号』と新習志野~川越間の快速『おさんぽ川越号』で、11月10・11日には青梅~熱海間の快速『ホリデー快速あたみ号』で、11月23~25日には青梅~鎌倉間の快速『鎌倉紅葉号』でそれぞれ運行。

特急『踊り子』としては、10月27・28日、11月10・11・17・18・23~25日に我孫子~伊豆急下田間の『踊り子131・132号』で運行される。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 売り出されるDD502ディーゼル機関車。当初は450馬力のエンジンを1基搭載していたが、1971年の全検時には変速機ごと500馬力のものに交換。1963年には過給機も交換されており、現在に至っている。長さ11m・高さ3.973m・幅2.72mで、重量は33.7t。
  • 都電荒川線(東京さくらトラム)
  • 現行の中央線東京発下り終電時刻は0時35分だが、繰上げ実施後は30分程度早まることになる。写真は東京駅で発車を待つ終夜運転時の中央線列車。
  • 2022年春までのSuica導入が予定されている岩手県北自動車の路線バス。
  • 富山~東富山間新駅のイメージ(東側)。橋上式の地上駅舎となる。
  • 三峰口駅のSL転車台。
  • 小樽へ向かう10月18日のツアー列車。函館本線朝里~小樽築港。
  • JR西日本でも導入が予定されている交通系ICカードのモバイル対応。

ピックアップ

Response.TV