【エアレース カザン】首位通過はドルダラー、室屋は5位

航空 エンタメ・イベント
エアレース2018第5戦「カザン」で行われたデモフライト
エアレース2018第5戦「カザン」で行われたデモフライト 全 6 枚 拡大写真
「レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ」2018シーズン第5戦の予選が8月25日、ロシアのカザンで開催され、マティアス・ドルダラー(ドイツ)が、52秒615で首位通過を果たした。現ワールドチャンピオンである室屋義秀は53秒351で5位に入った。

今シーズンで総合首位に立ち、2018シーズンのトラックレコード更新を2度記録しているマット・ホール(オーストラリア)は、ドルダラーから1秒394遅れの54秒009でフィニッシュ。予選を9位で終える苦戦を強いられた。

これについてホールは、「レーストラックが少し変わっていたようで、予定していたラインを飛べていない。映像を見直して、データをチェックするつもりだ。今日は予選に過ぎない。ここ2日間は全体的に好調だ」と変わらぬ好調ぶりをアピールした。

ドルダラーに続く2位で通過したのはマイケル・グーリアン(米国)。1本目は54秒699と大きく出遅れたものの、2本目で立て直してタイムを2秒近く短縮。ドルダラーからわずか0.205秒遅れの好タイムで予選を終えた。

3位で通過したのは2017シーズンから開催されているカザンでの戦いを得意とするフアン・ベラルデ(スペイン)。この日も安定したフライトで52秒969を記録。予選で53秒の壁を突破できたのはベラルデまでの3パイロットだけとなった。

ベラルデに続く4位には、マスタークラス5戦目のルーキーパイロット、ベン・マーフィー(英国)が53秒088を記録。マーフィーは決勝レース日のラウンド・オブ・14で、予選11位で通過したペトル・コプシュタイン(チェコ)と対戦することになった。

5位の室屋がラウンド・オブ・14で戦うのは予選10位通過のニコラス・イワノフ(フランス)と決定。第4戦ブダペストを制したマルティン・ソンカ(チェコ)は54秒356と奮わず、予選を12位で通過。ラウンドオブ14でベラルデとの対戦することになった。

カザンはロシア・タタルスタン共和国の首都で、人口100万を超える、ロシア全体の中でも大都市で、カザン・クレムリンの城塞は世界遺産に登録されている。今年はサッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会が開催されたことで世界的に知られるようになった。エアレースは2017年に初めてカザンで開催され、今年で2回目の開催となる。

◆2018シーズン第5戦カザン:マスタークラス予選最終結果
第1位 マティアス・ドルダラー(ドイツ) 52秒615
第2位 マイケル・グーリアン(アメリカ) 52秒820
第3位 ファン・ベラルデ(スペイン) 52秒969
第4位 ベン・マーフィー(イギリス) 53秒088
第5位 室屋義秀(日本) 53秒351
第6位 ミカエル・ブラジョー(フランス) 53秒487
第7位 ピート・マクロード(カナダ) 53秒747
第8位 カービー・チャンブリス(アメリカ) 53秒862
第9位 マット・ホール(オーストラリア) 54秒009
第10位 ニコラス・イワノフ(フランス) 54秒062
第11位 ペトル・コプシュタイン(チェコ) 54秒288
第12位 マルティン・ソンカ(チェコ) 54秒356
第13位 クリスチャン・ボルトン(チリ) 54秒834
第14位 フランソワ・ルボット(フランス) 55秒074

《会田肇》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV