ノート オーテック、初期受注でダークブルーが40%超 創業の地・湘南をイメージ

自動車 ニューモデル 新型車
ノート オーテック(ダークブルー)
ノート オーテック(ダークブルー) 全 1 枚 拡大写真
日産自動車の関連会社である、オーテックジャパンは、7月5日に発表した『ノート オーテック』の初期受注にて、ダークブルーの受注構成比が8月27日時点で40%を突破したと発表した。

オーテックは「NISMO」に続く日産グループのスポーティサブブランド。パフォーマンスを求めたNISMOに対し、オーテックは上質でプレミアム感にあふれたスポーティブランドとしている。

今回採用したダークブルーは、「信頼」「誠実」を連想することに加え、オーテックジャパン創業の地である湘南・茅ヶ崎の「海」と「空」のイメージを加味して選定したもの。国内における自動車の色別販売比率はブルー系が約8%だが、ノート オーテックではその意図がユーザーに受け止められ、40%以上という高い構成比となっている。

その他のカラーはホワイトが24%、ブラックが13%となっている。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 後付け踏み間違い加速抑制アシスト
  • 日産ノート・モード・プレミア
  • 日産ノート現行型
  • 日産ノートe-POWER
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ