スズキ、市販モトクロッサー RM-Z450 の2019年モデル発売へ デカール変更

モーターサイクル 新型車
スズキ RM-Z450(2019年モデル)
スズキ RM-Z450(2019年モデル) 全 2 枚 拡大写真
スズキは市販モトクロッサー『RM-Z450』のカラーリングを変更し、9月6日より発売する。

RM-Z450は、2005年にスズキ初の4ストローク市販モトクロッサーとして登場。その後、2008年にモトクロスマシンでは初のフューエルインジェクションシステムを搭載し、以降もマシン各部を見直し、2015年にはスズキホールショットアシストコントロール(S-HAC)を装備するなど、熟成を重ねてきた。そして2018年モデルにフルモデルチェンジ。新設計フレームとスイングアームを採用し、エンジンもブラッシュアップし、大幅に戦闘力を高めた。

2019年モデルはデカールの変更のみで、主要諸元に変更はない。価格は90万7200円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ヤマハ YPJ-MT Pro に試乗する青木タカオ氏
  • ロードエイドネットワーク清水豊 代表理事。
  • ホンダ CBR600RR 新型
  • MVアグスタ・スーペルヴェローチェ(東京モーターサイクルショー2019)
  • ホンダ フォルツァ
  • ホンダ X-ADV
  • トライアンフ「トライデント・コンセプト・プロトタイプ」
  • 「LMWアッカーマン・ジオメトリ」を採用するヤマハ トリシティ300 ABS

ピックアップ

Response.TV