淡路市内に民間施設直結スマートインターチェンジを整備へ、全国で2例目

自動車 社会 行政
淡路市で整備方針を認定した民間施設直結スマートインターチェンジ
淡路市で整備方針を認定した民間施設直結スマートインターチェンジ 全 1 枚 拡大写真
国土交通省は、淡路市内の民間施設直結スマートインターチェンジを整備する方針を認定したと発表した。

国土交通省では「未来投資戦略2017」を踏まえ、高速道路近くに位置する大規模な物流拠点や工業団地、商業施設などの民間施設と直結するインターチェンジを民間企業の負担で整備する制度を展開しており、募集。今回、兵庫県淡路市から申請のあった民間施設直結スマートインターチェンジについて整備方針を認定した。

計画ではアトリウムやイベント広場、庭園、レストランなどで構成する「淡路ハイウェイオアシス」を、神戸淡路鳴門自動車道と直結させる。

整備方針の認定は、三重県多気町に次いで全国2例目となる。今後、淡路市、淡路ハイウェイを運営する夢舞台と事業化に向けて詳細な検討に入る。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • (イメージ)
  • 令和2年7月豪雨の被害(球磨郡、7月8日)
  • 総理大臣に就任した菅氏(9月14日)
  • 歩行空間ネットワークデータを活用して実現するサービスのイメージ
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • スバル BRZ 次期型 予想CG

ピックアップ