レクサス LC500h をリコール…ハイブリッドシステム不具合で走行不能となるおそれ

自動車 テクノロジー 安全
レクサス LC500h
レクサス LC500h 全 2 枚 拡大写真
トヨタ自動車は9月5日、レクサス『LC500h』のハイブリッドシステムコンピュータに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは2016年12月14日~2018年7月31日に製造された1434台。

ハイブリッドシステムコンピュータの制御ソフトが不適切なため、高速走行中にアクセルペダルを大きく踏み込むと、コンピュータが規定時間内に変速処理を終了できないことがある。そのためコンピュータが異常と判定し、警告灯が点灯するとともにハイブリッドシステムが停止し、走行不能となるおそれがある。

改善措置として、全車両、ハイブリッドシステムコンピュータのソフトを対策仕様に修正する。

不具合および事故は起きていない。海外市場からの情報により発見した。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • レクサス LC 500 コンバーチブル の量産第一号車
  • ヤマハパフォーマンスダンパー
  • レクサスLC500コンバーチブル(米国仕様)
  • パイオニア・プレミアムサウンドシステム
  • BMW 2シリーズクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フィアット ティーポSW クロスオーバー 開発車両(スクープ写真)
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ