ジェイテクト、プラネタリギヤ用軸受の超長寿命化に成功

自動車 ビジネス 企業動向
新商品「プラネタリギヤ用超長寿命軸受」の製品外観
新商品「プラネタリギヤ用超長寿命軸受」の製品外観 全 5 枚 拡大写真
ジェイテクトは、自動車のオートマチックトランスミッション(ステップ式AT、CVT、HV)内のプラネタリギヤユニットに使用されるニードルローラーベアリング(針状ころ軸受、NRB)の新商品「プラネタリギヤ用超長寿命軸受」を開発した。

新商品は特殊な熱処理を施し、標準品比で2倍以上の長寿命化を実現した製品(2017年10月31日発表)をさらに改良したもの。長寿命シャフトのころ転走部に表面改質処理を施すことで、プラネタリギヤ用軸受として標準品比で5倍の超長寿命化を実現した。

また、超長寿命軸受は軸受同一寿命条件において、標準品比で最大40%の小型化が可能となり、プラネタリギヤユニットのさらなる小型化やトランスミッションの軽量化による効率向上にも貢献する。

これにより、ピン固定およびかしめ固定のいずれの固定方法にも対応可能な長寿命、超長寿命製品のラインアップが完成する。

量産開始予定は2021年で、製造は東京工場。販売先は国内外の自動車メーカーや変速機メーカーで、販売目標は2.3億円/年。

《丹羽圭@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • コネクトームデザイン(WEBサイト)
  • 豊精密工業(WEBサイト)
  • ジェイテクト ブースイメージ
  • J-PAS LUMBUS
  • アウディ RS Q8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 ツーリングパッケージ スクープ写真
  • シボレー ブレイザー ロングバージョン「XL」プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q3 PHEV 市販型プロトタイプ スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/09/06/313730.html/article/2018/09/06/313729.html/article/2018/09/06/313731.html