【WEC】トヨタGAZOOレーシング、ルマン1-2凱旋の富士戦を前にMEGA WEBでファンミーティング開催 10月10日

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
今年6月のルマン、トヨタは1-2フィニッシュを達成した。
今年6月のルマン、トヨタは1-2フィニッシュを達成した。 全 6 枚 拡大写真
世界耐久選手権(WEC)の18/19シーズン第4戦「富士6時間」(10月14日決勝)の開催直前に、ルマン1-2フィニッシュから凱旋するTOYOTA GAZOO Racing(TGR)が東京のMEGA WEBで「WEC Fan Meeting」を開催する。

トヨタは今年6月、悲願のルマン24時間レース総合初優勝を1-2フィニッシュで達成(今年のルマンは18/19WEC第2戦)。10月にホームコースの富士スピードウェイで開催される「富士6時間」は、凱旋レースということになる。

その“母国戦”を目前に控えた10月10日(水曜)、東京都江東区青海のMEGA WEBにて「WEC Fan Meeting」の開催が決定した。ルマンを制した8号車TS050のドライビングクルーである中嶋一貴/F. アロンソ/S.ブエミ、そして同2位の7号車クルー、小林可夢偉/M. コンウェイ/J-M. ロペスらがMEGA WEBに全員集まる予定で、トークセッションを含めた内容でファンとの交流を深化させる(TGRアンバサダーの脇阪寿一氏も参加予定。開催予定時刻19~21時、受付開始18時)。

ルマン1-2の秘話、富士戦への意気込みなどが語られるのはもちろん、モータースポーツにあまり詳しくない人にも楽しんでもらえるというこのイベントが、参加者200名を募集中だ。TGR公式WEBサイト応募フォームからのエントリー締め切りは9月24日23時59分、当選者には27日頃にメールで連絡がある。

トヨタTS050の2台には、富士6時間でも1-2勝利が高い確率で期待されている。前景気を煽るイベントになりそうだ。

《遠藤俊幸》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 今季6勝目を達成したオット・タナク(トヨタ)。
  • トヨタが母国戦で1-2フィニッシュを飾った。
  • ポールを獲得した#8 トヨタの(左から)ハートレー、ブエミ、中嶋一貴。
  • WECの19/20第2戦が富士で始まった。初日最速タイムは#8 トヨタ。
  • BMW 5シリーズツーリング 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ダッジ チャージャーSRTヘルキャット ワイドボディ カスタムカー
  • ランボルギーニ エストーケ コンセプト(参考画像)
  • VW T7 開発車両スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/09/13/313942.html/article/2018/09/13/313941.html/article/2018/09/13/313943.html