ヤマハ ナイケン 発表…社長も笑顔で走行するワケはLMWのリラックス効果、三輪で転倒の不安が少ない

モーターサイクル 新型車
ヤマハ発動機 日高祥博代表取締役社長
ヤマハ発動機 日高祥博代表取締役社長 全 17 枚 拡大写真
ヤマハ発動機は9月13日、都内にてリラックスそしてエキサイトメントを提唱するフロント2輪の新型スリーホイーラー『NIKEN(ナイケン)』の国内発売を発表した。

同社の日高祥博代(※)表取締役社長は、レーシングスーツに身を包みクローズドコースにて試乗したときのファーストインプレッションを報道陣に明かした。

「高いグリップ力、安定感を感じられる本物のスポーツツアラーに仕上がっており、二輪の爽快感を損なわず快適に乗ることができます」とのことで、想定するユーザーは「モーターサイクルの知識や経験を豊富に持ち、新しい体験にワクワクし、新しい技術にドキドキしていただく皆さま」と話した。

走行シーンの写真を見ると、ヤマハならではのLMW(Leaning Multi Wheel)テクノロジーによりナイケンの車体はオートバイのように大きく傾き、軽快にコーナリングしているが、それを操る日高社長は笑顔でリラックスしているように見える。


◆フロント二輪だから安定し、エキサイティング!


これがヤマハの言うLMWテクノロジーの効果なのだろう、ライダーの精神的負担が小さく疲れにくいのだ。具体的な効果は、ヤマハ発動機NPM事業統括部花村直己部長が説明した。

まず、フロントの片輪がたとえ滑っても、もう片輪がフォローしてくれる。

「滑りやすい路面状況でも2つある前輪のどちらかが路面をグリップしていれば、前輪のスリップによる転倒リスクが低減します」(花村氏)

そして、強い横風を受けたり、急ブレーキをかけても車体が安定している。

「トンネルの出口や橋の上で強い風を受けて、ドキッとした経験はありませんか? LMWは横風の影響による車体のふらつきが少なく、安定感があります。また、フロント二輪の高いグリップ力によって、直進時に強いブレーキ操作をおこなった場合でも車両が安定して止まれます」(花村氏)

フロント二輪がそれぞれ独立して路面を追従するため、段差を乗り上げてもふらつきにくい。

「段差による衝撃の吸収性も高いため、乗り越えた際に車体がふらつきにくいこともLMWの特徴のひとつです」(花村氏)

こうしたLMWによる効果によって、ライダーは決して歯を食いしばることなく、日高社長のように笑みを見せながらもアグレシッブな走りが楽しめてしまうのだ。

※日高社長の「高」ははしごだか

ヤマハ発動機は、前2輪・後1輪の大型スポーツバイク『NIKEN(ナイケン)』を、9月13日より予約…

《青木タカオ》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 塗るだけで黄ばみ・白化を除去、呉工業がヘッドライト用クリーナー&コーティング剤を発売
  2. ジープ グランドチェロキー 新型、2列シート仕様になる可能性 9月29日デビュー決定
  3. ケータハム『SEVEN 170』、日本の軽自動車規格に準拠…スズキ製660ccターボ搭載
  4. まさに「サメ顔」!メルセデスAMG SL 次期型、公開直前スクープ
  5. ドンキ、20型電動アシスト折りたたみ自転車発売…価格は6万5780円
  6. ついに「四輪操舵システム」搭載!メルセデスベンツ GLC 次期型、登場は2022年前半か
  7. フィアット 500EV に全身レッド仕様、ウイルス対策装備も…欧州発表
  8. キャンピングカーにトイレは必要? 気になる疑問に答える「みんなのアンケート」提供開始
  9. アナログにこだわった車内を激写…アルファロメオ最小SUV『トナーレ』、車台は自社製に!?
  10. 世界最速SUVを謳う、ブラバスからメルセデスAMG GLE クーペ 900馬力仕様
ランキングをもっと見る