VW ザ・ビートル、2019年7月に生産終了へ…8年の歴史に幕

自動車 ビジネス 企業動向
VW ザ・ビートルのファイナルエディション
VW ザ・ビートルのファイナルエディション 全 4 枚 拡大写真
フォルクスワーゲンは9月13日、『ザ・ビートル』(Volkswagen The Beetle)の生産を2019年に終了すると発表した。

ザ・ビートルは2011年春、中国で開催された上海モーターショー2011でワールドプレミア。『ニュービートル』の後継モデルとして登場した。

ザ・ビートルのデザインは、「ビートル」の愛称で親しまれたオリジナルの『タイプI』のシルエットを色濃く反映。フロントからリアへ続く緩やかなカーブはタイプIを連想させる。レトロとモダンを融合させつつ、スポーティなデザインを採用した。

フォルクスワーゲンは今回、このザ・ビートルの生産を2019年に終了すると発表。2011年春の上海モーターショー2011でのデビューから、およそ8年でその歴史に幕を下ろすことに。

なお、ザ・ビートルの主力市場の米国では、クーペとカブリオレに「ファイナルエディション」を設定。フォルクスワーゲンは2019年7月、ザ・ビートルの生産を終了する、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • VWメキシコ工場で最後のザ・ビートルがロールアウト(7月10日)
  • VWザ・ビートル
  • フォルクスワーゲンバスでは、モロゾフのVWコラボチョコレートを販売する
  • VW ザ・ビートル ファイナルエディション(ロサンゼルスモーターショー2018)
  • BMW 5シリーズツーリング 改良新型(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズグランクーペ プロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ ヤリス 次期型 高性能モデル(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/09/14/314018.html/article/2018/09/14/314017.html/article/2018/09/14/314019.html