マツダ、平成30年7月豪雨による営業損失280億円

自動車 ビジネス 企業動向
平成30年7月豪雨(7月10日、広島市) (c) Getty Images
平成30年7月豪雨(7月10日、広島市) (c) Getty Images 全 2 枚 拡大写真
マツダは9月21日、平成30年7月豪雨の影響で当初計画より生産台数が減少し、営業利益が約280億円の損失となる見通しだと発表した。

マツダは、平成30年7月豪雨の影響により操業を一時的に休止。再開後も地域の復旧・復興を最優先とするため、交通網等への負荷に配慮して生産量を抑制している。そのため当初計画より生産台数は車両4万4000台、海外生産用部品2万3000台の減少。現時点での生産台数の減少による業績への影響(営業利益)については、概算で約280億円の損失となる見通しだ。

マツダは今後、引き続き、今期の生産・出荷計画の精査、見直しを進めていく。通期業績予想については、豪雨に伴う生産・出荷等への影響に加え、事業環境の変化や販売の状況等を踏まえ、適切な時期に速やかに公表する予定だ。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • マツダ3 新型 セダン(SKYACTIV-D 1.8)
  • マツダ本社(広島)
  • BluEarth-GT AE51
  • マツダ3用チューニングキットAutoExe BP-06
  • BMW 5シリーズツーリング 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ダッジ チャージャーSRTヘルキャット ワイドボディ カスタムカー
  • ランボルギーニ エストーケ コンセプト(参考画像)
  • VW T7 開発車両スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/09/21/314238.html/article/2018/09/21/314237.html/article/2018/09/21/314239.html