イード、第2回MaaSベンチャーセミナー を9月27日開催 参加者募集中

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント
株式会社ファインシード/キャンピングカー株式会社 代表取締役社長の頼定 誠(よりさだ まこと)氏
株式会社ファインシード/キャンピングカー株式会社 代表取締役社長の頼定 誠(よりさだ まこと)氏 全 2 枚 拡大写真
イードは、MaaS(Mobility as a Service)のベンチャー企業を広く紹介する「MaaSベンチャーセミナー」の第2弾を9月27日、同社セミナールームで開催する。

モビリティ革命におけるイードのベンチャー支援プログラム「iid 5G Mobility」は、昨秋より11回の関連セミナーイベントを行い、のべ41名の講師を招いてモビリティの最新トレンドを発信。また、自動車総合メディア『レスポンス』の特集と連動して30人以上のインタビュー記事を掲載してきた。

イードでは、約1年が経過した今年8月からの新たな取組みとして、モビリティ産業が製造販売からサービスにシフトしてゆく変化を先取りし、モビリティ関連スマートサービス企業を特集した「月刊MaaSベンチャー」を新たにスタートした。

第2回のMaaSベンチャーセミナーでは、総合アウトドアカンパニーを目指すキャンピングカー専門レンタルの「ファインシード」、クルマではなくローカルドライバーをマッチングする「Justavi」、三菱商事のエネルギー部門が立ち上げたWebサービスによってネットとリアル(店舗)をつなげる「カーフロンティア」、以上3社から4名の経営者が登壇。MaaS領域での新たなビジネスの可能性について語る。

参加費は3万2400円、9月25日までイードWebサイトより申し込みを受け付ける。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • バーチャルキーの仕組み
  • リセマムでは「リセマム10周年記念クイズスタンプラリー」を2020年10月20日から11月20日の1か月間、開催する。
  • 【自動車ニーズ調査】With/Afterコロナ時代で変わる自動車の価値
  • コロナ禍を機に見直される「働き方」... 働き方・住まい・移動に関する自主調査より【1】
  • メルセデスベンツ EQS SUV(仮)スクープ写真
  • 日産 エクルグランド 次期型 予想CG
  • マクラーレンの新型ハイブリッド・スーパーカー(スクープ写真)
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV