BMW「X7」のインテリアを激写!5枚のスクープ写真からわかったこと

自動車 ニューモデル 新型車
BMW X7 スクープ写真。内装を捉えることに成功した
BMW X7 スクープ写真。内装を捉えることに成功した 全 11 枚 拡大写真
BMWの新フラッグシップ・クロスオーバーSUV『X7』のキャビンの詳細を、カメラが初めて捉えた。BMWの次世代コックピット「オペレーティングシステム7.0」も起動した完全な状態だ。

生産準備が整ったと見られるX7の室内には、アルカンターラ・ヘッドライナーを備える、2トーンのレザーシートやダッシュボード、そしてセンターコンソールには光沢のある豪華なウッドトリムが見てとれる。コックピットには、最新モデル『Z4』同様にデュアルディスプレイを備える、最新鋭のフルデジタル・インストルメント・クラスターも確認できるほか、全体的デザインは『8シリーズ』に酷似していることが分かる。

今回は、広いレッグルームのある2列目の撮影にも成功した。リアセンターコンソールには、コンセント、ペアのUSBポートや温度設定コントローラーも見える。2つのカップホルダーはチープなプラスチックだが、市販型ではもう少し高級感ある仕様となるはずだ。

X7のプラットフォームには、『5シリーズ』や『7シリーズ』新型と共有する最新の軽量「CLAR」を採用、同ブランド初の標準3列7人乗りとなる。トレーラーに積まれたプロトタイプの写真では、ベルトラインから上部が露出しており、ウィンドウ形状や2列目、3列目にかなり余裕のあるサイズが確認できる。

パワートレインは、最高出力340psを発揮する3リットル直列6気筒ガソリンエンジンや、456psを発揮する4.4リットルV型8気筒ツインターボのほか、『740e』から流用される2リットル直列4気筒ターボと111psの電気モーターを組み合わせた、最高出力325psのPHVも期待できる。またV12エンジン搭載モデルも投入される可能性があるようだ。

ワールドプレミアは、11月のロサンゼルスモーターショーが有力。だが、10月中旬にもオンラインでの公開があるかもしれない。

◆話題の新型車を最速スクープ『Spyder7』
http://spyder7.com/

《Spyder7編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/09/26/314343.html/article/2018/09/26/314342.html/article/2018/09/26/314344.html