トヨタ 豊田社長「まだ見ぬモビリティ社会を現実に」…ソフトバンクと提携し共同出資会社

共同会見し、握手するソフトバンクグループの孫代表(中央左)とトヨタの豊田社長
共同会見し、握手するソフトバンクグループの孫代表(中央左)とトヨタの豊田社長全 3 枚写真をすべて見る

トヨタ自動車の豊田章男社長とソフトバンクグループの孫正義代表らは10月4日に都内で共同記者会見を開き、自動運転車両などによるモビリティサービス事業の展開で提携したと発表した。

事業推進の共同出資会社「モネテクノロジーズ」(東京都港区)を設立、2018年度中のサービス開始を計画している。当初の資本金は20億円で、ソフトバンクが50.25%、トヨタが49.75%の出資とした。社長にはソフトバンクの技術を統括する宮川潤一副社長が就任。

20年代の半ばまでには、トヨタが開発を進めている自動運転技術による電気自動車(EV)『e-Palette(イーパレット)』でのサービス提供を目指す。トヨタはこうしたサービスを自動運転(オートノマス)と「MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)」を合体させた「Autono-MaaS」(オートノマーズ)と呼んでおり、ライドシェアによる人の移動だけでなく、物品販売や飲食店など、ソフトバンクとともに多様なモビリティの展開を狙っていく

当面は自動運転などへの規制もあるため、ソフトバンクの宮川副社長は、国内の過疎地や企業向けなどのオンデマンドの移動サービスから始める方針を示した。モビリティの特区を設定している自治体など、まず「全国100地区で展開したい」と述べた。また、トヨタの友山茂樹副社長は「ソフトバンクのIoT(モノのインターネット)技術とトヨタのモノづくりの力を融合することで、より良いMaaSを提供できると考えている」と話した。

両社はともに、ライドシェアの最大手である米国のウーバーテクノロジーズなどに出資する関係にあったが、今後は直接、協力して事業を進めることになった。

会見の席上、豊田社長は「まだ見ぬモボリティ社会を現実のものとする提携である」と話した。一方、孫代表は「トヨタと一緒に事業できることにワクワクしている。モビリティ世界1のトヨタとAI(人工知能)に力を入れるソフトバンクの提携で、これまでと全く違うもっと進化したモビリティが生まれる」と強調した。

《池原照雄》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • モビリティイメージ
  • トヨタ RAV4 ハイブリッド 新型
  • グローバルチームトヨタアスリート
  • トヨタ クラウン Sエレガンススタイル(2.5リットルハイブリッド車)
  • アウディ RS Q8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 ツーリングパッケージ スクープ写真
  • シボレー ブレイザー ロングバージョン「XL」プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q3 PHEV 市販型プロトタイプ スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/10/04/314703.html/article/2018/10/04/314702.html/article/2018/10/04/314704.html