ホンダ CR-V 新型、最新車載コネクティビティ搭載でスマホ連携を強化…パリモーターショー2018[詳細画像]

ホンダCR-V新型(パリモーターショー2018)
ホンダCR-V新型(パリモーターショー2018)全 20 枚写真をすべて見る

ホンダの欧州部門、ホンダモーターヨーロッパは、フランスで開催されているパリモーターショー2018において、新型『CR-Vハイブリッド』(Honda CR-V Hybrid)の欧州仕様車を初公開した。

欧州で、ホンダのハイブリッド技術がSUVに搭載されるのは、新型『CR-V』が初めてとなる。「i-MMD」(インテリジェント・マルチモード・ドライブ)と呼ばれる新世代のハイブリッドシステムは、エンジンがアトキンソンサイクルの2.0リットル直列4気筒ガソリン「i-VTEC」を搭載し、2個のモーターを組み合わせたもので、スペックは、最大出力が184ps、最大トルクが32.1kgmを発揮する。

さらに、新型CR-Vハイブリッドでは、最新の車載コネクティビティを採用。欧州仕様では、スマートフォンとの連携を強化。Appleの「CarPlay」 とグーグルの「Android Auto」に対応する。これにより、ダッシュボード中央の「ホンダコネクト」のモニター画面の操作や音声認識を通じて、スマートフォンのさまざまな機能が利用できる。

欧州向けの新型CR-Vハイブリッドには、「ホンダセンシング」として、前方衝突警告(FCW)や歩行者検知機能を備えた衝突軽減ブレーキ(CMBS)を標準装備。低速追従機能付きのアダプティブクルーズコントロールとレーンキーピングアシストも標準採用される。なお、納車は2019年初頭から開始される予定。

《ショーカーライブラリー》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/10/04/314713.html/article/2018/10/04/314712.html/article/2018/10/04/314714.html