ハーレー、シェア42.4%で過去最低を更新 2018年度上半期 輸入小型二輪車販売

ハーレーダビッドソン・フォーティーエイト・スペシャル(参考画像)
ハーレーダビッドソン・フォーティーエイト・スペシャル(参考画像)全 2 枚写真をすべて見る

日本自動車輸入組合(JAIA)は10月4日、2018年度上半期(4~9月)の輸入小型二輪車新規登録台数を発表。前年同期比4.5%減の1万1319台と、2年連続で前年を下回った。

ブランド別ではハーレーが同8.6%減の47967台で4年ぶりのマイナス。シェアは42.4%で前年から1.9ポイントダウン、2010年の統計開始以来過去最低となった。2位のBMWは同4.4%減の2662台で、2年連続のマイナス。シェアは変わらず、統計開始以来過去最高となった23.5%をキープした。

以下、3位ドゥカティは同0.1%減の1154台。4位トライアンフは同17.0%減の920台。5位KTMは同3.0%増の897台だった。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ホンダ CB650R
  • カワサキNinja ZX-6Rレース専用モデル
  • ランド リンク コンセプト(世界初公開・特別出展物)
  • ヤマハがバイクレンタルの次に仕掛ける「キャンプ用品レンタル」のねらいとは
  • ヤマハ SR400 40th アニバーサリーエディション
  • ヤマハ MT-03 新型
  • ヤマハ YZF-R25/R3 開発者インタビュー
  • 浅草・雷門前を走るドゥカティDIAVEL1260S

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/10/05/314740.html/article/2018/10/05/314739.html/article/2018/10/05/314741.html