【東京オートサロン2019】1月11-13日に開催、最終日の開催時間を1時間延長

東京オートサロン2018の様子
東京オートサロン2018の様子全 1 枚写真をすべて見る

東京オートサロン実行委員会は、2019年1月11~13日の3日間、幕張メッセ(千葉県美浜区)でカスタムカーと関連製品の展示会「東京オートサロン2019」を開催する。

東京オートサロンは、1983年に「東京エキサイティングカーショー」としてスタートし、1987年に現在の名称の東京オートサロンとなった。37回目の開催となる今回は、国内主要自動車メーカー、外国車インポーター、タイヤメーカー、アフターパーツメーカー、カスタムショップなどの出展ブースが立ち並び、800台以上のチューニング・ドレスアップ車両が展示される。

各種パーツやグッズの展示・販売も行われる。同乗試乗会などの参加体験型コンテンツや人気アーティストによるライブステージなど、今回も多彩なイベントを用意する予定。

来場者数は2015年から4年連続で30万人超を記録しており、今回は会期最終日の開催時間を従来より1時間延長して18時までとすることで、さらに多くの来場者を見込んでいる。

カスタムトレンドを牽引する東京オートサロンで、新車や新製品を発表するメーカーも多く、またモータースポーツ活動発信の場とも位置付けられていることから、国内外の業界関係者や報道機関など、関係者からも注目されている。

前売り入場券は、10月22日から「Yahoo!チケット」で先行発売を開始する。TOKYO AUTO SALONオンラインチケットほかコンビニ・プレイガイド各社は11月1日に発売する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • マツダ・ロードスターNR-A モータースポーツコンセプト(東京オートサロン2020)
  • スバル BRZ GT300 2019(東京オートサロン2020)
  • スバル BRZ STI Sport GTコンセプト(東京オートサロン2020)
  • WRX STI NBR Challenge 2019(東京オートサロン2020)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)

ピックアップ