コンチネンタル、ジャガー I-PACE にパワーエレクトロニクス供給…ジャガー初のEV

ジャガー I-PACE
ジャガー I-PACE全 4 枚写真をすべて見る

コンチネンタル(Continental)は10月22日、同社のパワーエレクトロニクスが、ジャガー初の市販EVの『I-PACE』(Jaguar I-PACE)に採用された、と発表した。

ジャガーI-PACEのEVパワートレインは、電気モーターを前後アクスルに搭載し、4輪を駆動。2個のモーターは合計で400psのパワーと、71kgmのトルクを引き出す。I-PACEは0~100km/h加速4.8秒のパフォーマンスを実現する。バッテリーはリチウムイオンで、蓄電容量は90kWh。DC100kWの急速チャージャーを使えば、バッテリーの80%の容量をおよそ40分で充電可能、100km走行分であれば、およそ15分で充電できる。

このジャガーI-PACEが、コンチネンタルのパワーエレクトロニクスを採用。パワーエレクトロニクスは、EVパワートレインの重要なコンポーネント。モーターに電力を供給し、エネルギー回収システムも制御。高電圧バッテリーとモーターとの間のインターフェースとして機能する。また、バッテリーはDC電源を供給するが、モーターは3相AC電源で作動する。そのため、パワーエレクトロニクスはインバーターを使用して、DC電力を変換する必要がある。

ジャガーI-PACE向けのパワーエレクトロニクスでは、停止してすぐにフルスロットルで加速する場合に、最大電流を数分の1秒で供給する必要があったという。コンチネンタルの開発チームに与えられた課題は、非常に高い負荷の変化に対応すると同時に、ロングライフという点で自動車システムに期待される要件を満たすことにあったという。

コンチネンタルは、ジャガーI-PACE向けに、最大650アンペアの電流で作動するパワーエレクトロニクスを開発。コンチネンタルは、大電流と極端な負荷変動に対応するために、ジャガーI-PACE向けのパワーエレクトロニクスを開発した、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • コンチネンタルと3Mが共同開発するインフラ対車両(V2I)通信技術のイメージ
  • コンチネンタルのパワートレイン新会社が受注したプジョー 208 EVの電動アクスルドライブ
  • コンチ・ケア
  • コンチネンタルのパワートレイン部門が独立した新会社「ヴィテスコ・テクノロジーズ」
  • レクサス LC コンバーチブル 市販モデル(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQB 開発車両 スクープ写真
  • アウディ e-tronスポーツバック 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 5シリーズツーリング 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/10/23/315330.html/article/2018/10/23/315329.html/article/2018/10/23/315331.html