パナソニック、電動アシスト自転車 2019年モデル 全12車種を発売

乗り降りのしやすさとデザイン性が高い新開発のフレームを採用したティモ・L
乗り降りのしやすさとデザイン性が高い新開発のフレームを採用したティモ・L全 4 枚写真をすべて見る

パナソニック サイクルテックは、乗り心地や使いやすさをさらに高めた、電動アシスト自転車2019年モデル、全12車種を11月1日より順次発売する。

2019年モデルは全車種、こぎ出しのアシスト力の制御機能を向上させ、よりスムーズな発進を実現。また、通学・通勤モデルの「TIMO(ティモ)」シリーズでは、乗り降りのしやすさとデザイン性が高いS型フレームを採用した新車種「ティモ・L」を追加した。

また、ショッピングモデルの「VIVI(ビビ)」シリーズでは、主力車種「ビビ・DX」に大容量で荷物が周りから見えにくい新型バスケットを搭載。子育てモデルの「Gyutto(ギュット)」シリーズでは、チャイルドシートのグリップバーを開閉しやすくし、子どもの乗せ降ろしがこれまで以上に楽に行えるようにした。

また、走行時の快適性に加え、手元スイッチの電源を入れることで後輪サークル錠が自動で開錠できる「ラクイック」、バスケットの荷物が多い停車時にハンドルのふらつきを防ぐ「スタピタ2」など、乗り降り時の利便性を考慮した機能を、車種ごとに想定される使用シーンに合わせ搭載している。

全車種、国内生産。価格(税抜き)はティモシリーズが11万6800円~。ビビシリーズが10万8800円~、ギュットシリーズが13万4800円~。

《丹羽圭@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • パナソニックの梅田博和CFO
  • 新型ジェッター
  • パナソニック“ゴリラ”の進化が止まらない!さらに機能が充実した驚きのPND登場
  • トヨタ・ハリアー新型
  • BMW 2シリーズクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フィアット ティーポSW クロスオーバー 開発車両(スクープ写真)
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ