タクシー配車アプリ「タクベル」、後部座席タブレット導入へ QRコード決済機能も実装予定

タクシー配車アプリ「タクベル」の乗客向け後部座席タブレット
タクシー配車アプリ「タクベル」の乗客向け後部座席タブレット全 9 枚写真をすべて見る

DeNAは、次世代タクシー配車アプリ「タクベル」について、2019年2月よりタクシー車内の乗客向け後部座席タブレット(10.1インチ)を提供すると発表した。

タクベルでは、これまでにもリアルタイムな運行管理・配車履歴・売上明細・経理業務が可能な管理ツール、タクベルモニタをタクシー事業者に提供してきた。今回導入する後部座席タブレットは、デジタルサイネージだけでなく、タクシー乗車中の体験をより快適で便利に過ごせるようなサービスを提供する。

タクシーメーターと連動した車内案内や料金表示のほか、ニュースや交通情報などのコンテンツを提供予定。また、多言語対応でインバウンド客にも対応する。なお、後部座席タブレットは、タクベルで配車した人だけでなく、導入車両に乗車するすべての人が利用できる。

後部座席タブレットは今後、QRコード決済機能や、最適なコンテンツ配信を行うための性別・年代推定機能、提供コンテンツ拡充などを実施予定。 タクベルでは、2018年度中に1万5000台の後部座席タブレット搭載を目指す。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV