アプリリア、スポーツスクーター『SR50R』を発売。2サイクル50ccで環境対応

アプリリア SR50R(レーシングブラック)
アプリリア SR50R(レーシングブラック)全 4 枚写真をすべて見る

ピアッジオグループジャパンは、2サイクル50ccエンジン搭載のスポーツスクーター『SR50R』 をユーロ4規制に適合させ、グラフィックを新たにして11月30日より販売を開始する。価格は32万4000円。

アプリリア SR50 は、50ccのスーパースポーツスクーターというジャンルを確立した最初のモデルで、20年以上の歴史を持つ。新型に搭載される50cc 2ストローク単気筒水冷エンジン「Hi-Per2 Pro」は、キャブレター式ながら、ユーロ4基準をクリアし、優れた加速性能を実現。独特の形状を持つエキゾーストシステムにはダブルのキャタライザーを装備。さらにセカンダリエアーシステムを備えることでクリーンなエンジンに進化している。最高出力および最大トルクは未発表。

シャシーには高張力スチールフレームを採用し、一般的なスクーターよりフロントエンドに荷重させた重量配分を実現。これにより、モーターサイクルのような前輪からのフィードバックを得られるほか、乗り心地とパフォーマンスを向上させた。 また、前後190mm径のディスクブレーキと 130/60 ロープロファイルタイヤを備えた13インチホイールを採用し、高いグリップ性能と安全性を確保している。

また、人間工学に基づいたシートを装備し、快適なライディングポジションを実現。シート下にはフルフェイスヘルメットを 1つ収納できるスペースと、小物収納に便利な容量1リットルのポケットを装備。スピードメーターはデジタル表示となり、レーシーな雰囲気を演出する多機能パネルが装備される。シート高は795mm。

デザインは、アプリリアのワークスモデルやスポーツモデルからインスパイアされたもの。デュアルヘッドランプ、セントラルエアーインテーク、テールランプとウィンカーがビルトインされたエアロダイナミクステールフェアリングのほか、新デザインのサイレンサーカバー、ナンバープレートブラケット、ボディグラフィックが採用されている。

ボディーカラーは、レーシングブラック、レーシングホワイト、フルーオレッドの3種類。イタリア製となる。

《丹羽圭@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • カワサキZ650
  • ヤマハ レディプロジェクトのメンバー
  • 全日本モトクロス2019年チャンピオン山本鯨選手
  • 埼玉県 高校生の自動二輪車等の交通安全講習
  • 新型アフリカツイン・デザイナー桂川 碧さん(写真中央)
  • ヤマハ セロー250 ファイナルエディション
  • ヤマハ MT-07
  • ヤマハ セロー250 ファイナルエディション(左)と、初代セロー225

ピックアップ