スズキ、増収増益もインドルピー安などで減速 2018年4-9月期決算

スズキ・クロスビー
スズキ・クロスビー全 2 枚写真をすべて見る

スズキは11月1日、2018年4月~9月期(第2四半期累計)の連結決算を発表。増収増益となるもインドルピー安等により減速した決算となった。

売上高は前年同期比5.4%増の1兆9294億円。営業利益は同14.8%増の1985億円と増益となったが、インドルピーをはじめとする新興国通貨安の影響等により、第1四半期に比べ増収幅、増益幅が縮小する減速決算となった。経常利益はインドでの受取利息増加など一過性の要因もあり同24.3%増の2323億円、四半期純利益は同30.7%増の1362億円となった。

四輪車事業は、昨年末に投入した『スペーシア』『クロスビー』等の新型車が貢献し、国内売上高は前年同期を上回った。海外売上高もインドでの販売増等により前年同期を上回った。四輪車事業の売上高は同5.5%増の1兆7613億円となった。営業利益は日本、アジアでの損益改善等により同14.2%増の1855億円となった。

二輪車事業は、インドでのスクーターの販売貢献等により、売上高は同1.5%増の1263億円。営業利益も同7.4%増の40億円、増益となった。

マリン事業他も、売上高は大型船外機「DF350A」の北米を中心とした販売貢献等により同11.1%増の418億円。営業利益も北米での損益改善等により同32.6%増の90億円となった。

通期業績については、第2四半期の実績を反映するとともに、販売台数見通し、為替前提等を見直しし、営業利益を3500億円(前回予想比+100億円)、経常利益を3900億円(同+400億円)、純利益を2200億円(同+150億円)に上方修正。売上高は期初予想の3兆8000億円を据え置いた。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • マルチスズキのCSR(企業の社会的責任)活動のイメージ
  • 英国『フリート・ワールド』誌主催の燃費チャレンジに参加したスズキ・スイフト
  • マルチスズキがスタートアップ5社と提携
  • スズキ・バレーノ 改良新型
  • スバル BRZ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • レクサス LC コンバーチブル 市販モデル(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQB 開発車両 スクープ写真
  • アウディ e-tronスポーツバック 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/11/02/315720.html/article/2018/11/02/315719.html/article/2018/11/02/315721.html