ジャガー・ランドローバー世界販売、13.2%減の13万台 2018年7-9月

ジャガー E-PACE
ジャガー E-PACE全 4 枚写真をすべて見る

ジャガー・ランドローバー(Jaguar Land Rover)は10月31日、2018年7~9月の世界新車販売の結果を発表した。総販売台数は12万9887台で、前年同期比は13.2%減と2桁の落ち込みとなった。

車種別の販売実績では、ジャガーブランドは小型SUVの『E-PACE』が好調だ。ランドローバーブランドでは、『ディスカバリースポーツ』が最量販モデルに。以下、『レンジローバー スポーツ』『レンジローバー イヴォーク』『レンジローバー ヴェラール』の順で続く。

市場別の販売実績では、北米が3万0300台で首位。ただし、前年同期比は4.6%減だった。地元の英国は2万9700台にとどまり、前年同期比は0.6%のマイナスだった。以下、欧州が11.9%減の2万5500台、中国が43.8%減の2万1100台で続いている。

ジャガー・ランドローバーの2017年の世界新車販売台数は、過去最高の62万1109台。前年比は7%増だった。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ジャガー・ランドローバー(イメージ)
  • ジャガー I-PACE 改良新型
  • ランドローバー・ディフェンダー 新型
  • ジャガー・ランドローバーの「インジニウム」エンジン
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ