いすゞ、タイ・アフリカ向け好調で増収増益 2018年4-9月期決算

いすゞ自動車 エルフ 2018年次改良車
いすゞ自動車 エルフ 2018年次改良車全 1 枚写真をすべて見る

いすゞ自動車は11月2日、2018年4~9月期(第2四半期累計)の連結決算を発表。海外市場での好調な販売などにより増収増益、通期予想も上方修正した。

2018年4~6月期の総販売台数は前年同期比6.3%増の25万1749台だった。国内は普通トラックでシェアを下げたこともあり、同4.3%減の3万5553台。海外はタイやアフリカを中心に増加し、同8.2%増の21万6196台となった。

車両以外の商品売上高は、海外生産用部品が同0.9%増の293億円、エンジン・コンポーネントは、同13.7%増の694億円。その他の売上高は、アフターセールスなどの保有事業を伸ばした結果、同4.0%増の2091億円。これらの結果、売上高は同5.1%増の1兆0350億円となった。

損益は増収効果と原価低減などにより、営業利益は同18.1%増の874億円、経常利益は同12.7%増の932億円、純利益は同7.2%増の564億円となった。

通期業績見通しは、第2四半期累計期間の実績を踏まえ、各国市場の最新経済動向を反映した出荷計画に基づき上方修正。売上高を2兆1700億円(前回予想比+300億円)、営業利益を1840億円(同+80億円)、経常利益を1920億円(同+80億円)、純利益1180億円(同+80億円)とした。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 【MotorTrend】旧車芸人「千原ジュニアの名車再生!プロジェクト」をご紹介
  • 新型BT-50(ダブルキャブ、オーストラリア仕様)
  • マツダ BT50 現行型(参考画像)
  • いすゞ エルガ(左)とエルガミオ
  • マセラティ ギブリ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • ベントレー フライングスパー PHEV 開発車両(スクープ写真)
  • アウディ Q5スポーツバック プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ゴルフオールトラック 新型(上)とゴルフヴァリアント 新型(下)のプロトタイプ

ピックアップ