アストンマーティンのハイパーカー『ヴァルキリー』、フルデジタルコクピット搭載…ミラーレスに

アストンマーティン・ヴァルキリー
アストンマーティン・ヴァルキリー全 3 枚写真をすべて見る

アストンマーティンは11月2日、新型ハイパーカー、『ヴァルキリー』(AstonMartinValkyrie)の新たな画像を公開した。

ヴァルキリーは軽量構造のミッドシップ2シーターのボディに、新開発の6.5リットルV型12気筒ガソリン自然吸気エンジンを搭載する。アストンマーティンとレッドブルレーシングのテクニカルパートナーシップによる成果として共同開発され、アストンマーティン特有のスポーツカーデザインと、レッドブルレーシングが持つ最先端のF1技術を融合させた究極の1台となる。

アストンマーティンは今回、ヴァルキリーの新たな画像を公開した。注目できるのは、フルデジタルのコクピットだ。すべての操作スイッチをステアリングホイールに集約して、LEDスクリーンに運転に必要なすべての情報を表示する。ステアリングホイールは着脱が可能な設計になっており、ドライバーの乗り降りを容易にするとともに、盗難防止にも役立つという。

また、ヴァルキリーはドアミラーを廃止し、ボディの両側にリア方向を映し出すカメラを設置するミラーレス車となる。カメラが捉えた映像は、左右のAピラーの下に設置されたディスプレイに表示される。室内のルームミラーも装備されていない。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • アストンマーティン AMB 001 のプロトタイプによる走行テスト
  • アストンマーティンDB5ゴールドフィンガー・コンティニュエーション
  • アストンマーティンの新CEOに8月1日付けで就任するメルセデスAMGのトビアス・メールス会長兼CEO
  • アストンマーティン DBS GT ザガート 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 3シリーズ のEV版、市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ランドローバー ディスカバリー 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ タイカン・クロスツーリスモ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ