豊田通商、車両の運行・整備ソリューションを紹介予定…メッセナゴヤ2018

豊田通商のブースイメージ
豊田通商のブースイメージ全 1 枚写真をすべて見る

豊田通商は、11月7~10日に開催される「メッセナゴヤ2018」に出展し、100%子会社の豊通オートモーティブクリエーション(TAC)が取り扱う、車両の運行・整備ソリューションを紹介する。

自動車業界は自動運転や電動シフトなどで、100年に1度の転換期を迎えたと言われ、車の作り方や使われ方も大きく変わろうとしている。TACは新たな車の作り方や使われ方によって起こる課題のソリューションを提供するため、AI搭載ソフトや生体情報取得ウエアラブルの技術を活用した次世代型商品・プラットフォーム開発など、新規事業に取り組んでいる。

今回の展示会では「もう一歩先の安全へ」をテーマに、無事故社会の実現へ寄与することを目指し、車両の運行・整備に関するソリューションを展示する。具体的には、インテルグループのモービルアイの既存車に後付けが可能な衝突安全警報装置や、イスラエルのユーブイアイの車両下部自動検査装置などを紹介する。ユーブイアイは日本初出展となる。

また、ドライバーの生体情報から健康管理と居眠り運転を自動検知する居眠り防止ソリューションなども紹介する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • (イメージ)
  • 中・長距離バスアプリサービス「Shuttl(シャトル)」
  • 豊田通商の技術提携先である日本の自動車解体事業者(参考画像)
  • 「ITS世界会議シンガポール2019」に出展した豊田通商
  • VW SMV 市販プロトタイプ(スクープ写真)
  • ジャガー XJ 後継となるフラッグシップEVのプロトタイプ(スクープ写真)
  • セアト エルボーン 開発車両 スクープ写真
  • BMW 2シリーズ アクティブツアラー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ