京阪の「プレミアムカー」が3000系にも登場…紺色を基調とした新造車 2020年度中

先発の8000系(左)と調和したデザインとなる3000系(右)のプレミアムカー。
先発の8000系(左)と調和したデザインとなる3000系(右)のプレミアムカー。全 4 枚写真をすべて見る

京阪電気鉄道(京阪)は11月8日、8000系特急型車両に導入している「プレミアムカー」を、2020年度中に3000系にも導入すると発表した。

プレミアムカーは2017年8月に初めて導入された座席指定特別車両で、現在は8000系の6号車に連結している。2+1列のリクライニングシートが並ぶ「快適性とパーソナル空間の演出」にこだわったインテリアで、大型テーブルやラゲッジスペース、コンセントなども装備。車内には専属アテンダントも乗務している。

8000系のプレミアムカーは改造により登場したが、3000系では新造される。3000系は2008年に登場した3扉車で座席数は1両につき45席だが、プレミアムカーは1扉車で40席となる。

3000系のプレミアムカーは6両が導入され、6号車に連結。導入後は、昼間時の特急は原則として全列車がプレミアムカー連結となる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 北陸新幹線金沢~敦賀間の概要。
  • 三陸鉄道リアス線久慈~釜石間に乗り入れることになった『TOHOKU EMOTION』。1号車がコンパートメント個室席、2号車がライブキッチンスペース、3号車がオープンダイニングスペースとなっている。
  • 7月27日、宗谷本線に初登場するJR東日本のトロッコ列車「びゅうコースター風っこ」。全車指定席で運行される。
  • 浅野川線を走る、元京王電鉄井の頭線用3000系の8000系電車。新元号記念列車の乗客にはヘッドマーク型マグネットがプレゼントされる。
  • 全車が特別車で運行されている名鉄の中部国際空港アクセス特急『ミュースカイ』。車掌端末は461台が導入され、座席発売状況の確認のほか、名鉄運行情報に表示される外国語表示の音声再生にも対応している。
  • 001系『Laview』8号車(池袋寄り先頭車)
  • 大鰐線の7000系電車。
  • 新元号は令和

ピックアップ