BMW Z4 新型、量産第一号車がラインオフ…2019年3月から世界市場で発売へ

新型BMW Z4 の量産第一号車がラインオフしたマグナシュタイヤーのオーストリア・グラーツ工場
新型BMW Z4 の量産第一号車がラインオフしたマグナシュタイヤーのオーストリア・グラーツ工場全 3 枚写真をすべて見る

マグナシュタイヤー(Magna Steyr)は11月6日、新型BMW『Z4』(BMW Z4)の量産第一号車がラインオフした、と発表した。

オーストリアのマグナシュタイヤーは、カナダに本拠を置く大手自動車部品メーカー、マグナインターナショナルの子会社だ。BMWグループとマグナシュタイヤーは2001年、生産委託に関する契約を締結した。

マグナシュタイヤー(旧シュタイアプフ)社は、もともと4WD車の開発や生産に関して豊富なノウハウを持っており、オーストリアのグラーツ工場では、メルセデスベンツ『Gクラス』やBMW『X3』、FCAのジープ『グランドチェロキー』などの受託生産を行ってきた。

BMWグループとの関係では、2003年にX3の受託生産を開始した。2010年からは、MINI『カントリーマン』(日本名:MINI『クロスオーバー』)を、その後、MINI『ペースマン』、2017年からはBMW『5シリーズセダン』を受託生産している。

BMW Z4新型(パリモーターショー2018)BMW Z4新型(パリモーターショー2018)

マグナシュタイヤーのオーストリア・グラーツ工場から今回、新型BMW Z4の量産第一号車がラインオフした。同社は、BMWグループ車の受託生産は、新型Z4が5番目の車種になる。なお、新型Z4は2019年3月から、順次世界市場で発売を開始する、としている。

《森脇稔》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 塗るだけで黄ばみ・白化を除去、呉工業がヘッドライト用クリーナー&コーティング剤を発売
  2. 前代未聞!20代女子がホワイトレタータイヤにどハマり!トーヨータイヤ『OPEN COUNTRY A/T EX』で検証してみたPR
  3. ついに「四輪操舵システム」搭載!メルセデスベンツ GLC 次期型、登場は2022年前半か
  4. ケータハム『SEVEN 170』、日本の軽自動車規格に準拠…スズキ製660ccターボ搭載
  5. ジープ グランドチェロキー 新型、2列シート仕様になる可能性 9月29日デビュー決定
  6. フィアット 500EV に全身レッド仕様、ウイルス対策装備も…欧州発表
  7. ドンキ、20型電動アシスト折りたたみ自転車発売…価格は6万5780円
  8. 歴代のダットサンが集結…昭和平成なつかしオールドカー展示会inアリオ上田
  9. 風力発電の電気で製造…BMW i3 フォーエバー仕様 11月に欧州で発売
  10. 体温、何度で仕事を休む?…3つの節目 タニタ意識調査
ランキングをもっと見る