KTM 690 SMC R に2019年型、量産単気筒バイク最強の74馬力…EICMA 2018

KTM 690 SMC Rの2019年モデル(EICMA 2018)
KTM 690 SMC Rの2019年モデル(EICMA 2018)全 3 枚写真をすべて見る

KTMは、「ミラノモーターサイクルショー2018」(EICMA 2018)において、KTM『690SMC R』(KTM 690 SMC R)の2019年モデルをワールドプレミアした。

690SMC Rは、舗装路とダートを組み合わせた二輪レース、「スーパーモト」参戦マシンの公道走行可能バージョンといえる存在だ。2019年モデルの690SMC Rには、最新世代の「LC4」エンジンを積む。このエンジンは、最大出力74hp、最大トルク7.5kgmを発生する。KTMによると、量産バイク向けのシングルシリンダーエンジンとしては、世界で最もパワフルという。

また、690SMC R2019年モデルには、あらゆる状況でパフォーマンスを最大限に引き出すライダー支援システムを搭載する。ライディングモードは、「ストリート」と「スポーツ」の2種類だ。コーナリングABS、トラクションコントロールの「MTC」、モータースリップレギュレーションの「MSR」などを採用する。

さらに、「クイックシフター+」、「スーパーモトABSモード」も装備した。サスペンションは、WPの最新世代の完全調整式「APEX」を装着。燃料タンクは容量を従来比で1.5リットル拡大している。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ブレイズスマートEV
  • LOOP POWER SHOT(ループパワーショット)80ml缶
  • 伝家の宝刀「スズキ カタナ」と、二刀流「ヤマハ ナイケン」を比較
  • Vストローム250/ABS
  • ヤマハSR400
  • 個人宅から北海道へのバイク輸送サービスをおこなうゼロ・プラスBHS
  • スズキ 隼(ハヤブサ)
  • スズキ カタナ 新型

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/11/13/316122.html/article/2018/11/13/316121.html/article/2018/11/13/316123.html