ダイムラー、メルセデスベンツの新たな研究開発技術センター建設へ…電動化を推進

ダイムラーが中国・北京市に建設予定のメルセデスベンツの新たな研究開発技術センター
ダイムラーが中国・北京市に建設予定のメルセデスベンツの新たな研究開発技術センター全 3 枚写真をすべて見る

ダイムラー(Daimler)は11月14日、メルセデスベンツの新たな研究開発技術センターを中国・北京市に建設すると発表した。

この研究開発技術センターの建設に、ダイムラーはおよそ1億4500万ユーロ(約190億円)を投資する計画だ。2020年に稼働することを見込む。

新たな研究開発技術センターは、総床面積5万5000平方mの広さを持ち、テスト施設とオフィスビルで構成される。テスト施設では、中国政府が推進するNEV(新エネルギー車)政策を視野に入れ、電動車向けを含めたパワートレインや充電システム、シャーシなどの研究開発を進めていく。

ダイムラーは、中国合弁パートナーの北京汽車(BAIC)と共同で、北京ベンツを設立しており、メルセデスベンツ『Cクラス』や『Eクラス』などを現地生産している。ダイムラーはメルセデスベンツの新たな研究開発技術センターを建設することにより、電動化を推進していく。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • メルセデスベンツGLA
  • 新会社「メルセデスベンツ」の取締役会会長に指名されたダイムラーのトップ兼メルセデスベンツ乗用車部門を統括するオーラ・ケレニウス氏
  • (イメージ)
  • 三菱ふそう eキャンター
  • アウディ e-tronスポーツバック 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 5シリーズツーリング 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ダッジ チャージャーSRTヘルキャット ワイドボディ カスタムカー
  • ランボルギーニ エストーケ コンセプト(参考画像)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/11/15/316199.html/article/2018/11/15/316198.html/article/2018/11/15/316200.html