ホンダ ステップワゴンなど、テールゲート降下で人身事故も 59万台を改善対策へ

ホンダ・ステップワゴン(参考画像)
ホンダ・ステップワゴン(参考画像)全 3 枚写真をすべて見る

ホンダは、『ステップワゴン』など4車種について、テールゲートに不具合があり、突然降下するおそれがあるとして、国土交通省に改善対策を届け出た。

対象となるのは『ステップワゴン』『ステップワゴン スパーダ』『N-BOX+』『N-BOX+カスタム』の4車種で、2009年9月21日~2018年9月20日に製造された59万3815台。

不具合発生箇所はテールゲートオープンステー。ステー上部のボールスタッドを取付けるテールゲートヒンジの締結座面穴径および、ボールスタッドの締結座面径の指示が不適切なため、そのままの状態で使用を続けると、ボールスタッドが緩むものがある。また、上下ボールジョイントの組付け作業が不適切なため、固定用クリップが浮くものがある。そのため、テールゲート開閉の繰返しにより、ボールジョイントが車体から外れたり、ボールスタッドが折損し、テールゲートが突然降下するおそれがある。

改善措置として、ボールスタッドについては全車両、締付けトルクを点検し、緩みのあるものは新品のボールスタッドと交換。緩みのないものも含め、ボールスタッドを新たに設定したトルクで締付ける。一部車両については、ボールスタッドに緩み防止剤も塗布する。ボールジョイントについては、防止カバーを追加する。

不具合は193件発生、人身事故が2件起きている。市場からの情報により届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ステップワゴン スパーダ
  • ホンダ ステップワゴン ハイブリッド モデューロX
  • ホンダ ステップワゴン モデューロX
  • シエンタ用リアカメラ接続アダプター「RCA094T」(表示切替イメージ)
  • ランボルギーニ 新型モデル ティザーイメージ
  • VW T-Roc カブリオレ 
  • ジェネシス GV80 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスAMG GLA35/45 を同時スクープ!写真は「GLA45」

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/11/15/316208.html/article/2018/11/15/316207.html/article/2018/11/15/316209.html