ハスクバーナが ヴィットピレン701エアロ、次世代モデル提示…EICMA 2018

ハスクバーナ・ヴィットピレン 701エアロ(EICMA 2018)
ハスクバーナ・ヴィットピレン 701エアロ(EICMA 2018)全 5 枚写真をすべて見る

ハスクバーナは、「ミラノモーターサイクルショー2018」(EICMA 2018)において、ハスクバーナ『ヴィットピレン701エアロ・コンセプト』(Husqvarna Vitpilen 701 Aero Concept)をワールドプレミアした。

ハスクバーナは現在、「ヴィットピレン」シリーズの市販モデルとして、『ヴィットピレン701』と『ヴィットピレン401』をラインナップしている。EICMA 2018で発表されたヴィットピレン701エアロ・コンセプトは、2年前のEICMA 2016に出品されたコンセプトモデル、『ヴィットピレン401エアロ』の進化バージョンとなる。

ヴィットピレン701エアロ・コンセプトは、低い着座スタイルが特徴だ。外観は、ブルー、ホワイト、グレーの3色をあしらった。市販モデルのヴィットピレン701の次世代モデルのデザインを提示する。

ハスクバーナは、ヴィットピレン701エアロ・コンセプトについて、クラシックなデザインとスリリングなパフォーマンスを組み合わせることで、バイクに乗る際の爽快感を取り戻すことを目指した、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ホンダ フォルツァ
  • ホンダ X-ADV
  • トライアンフ「トライデント・コンセプト・プロトタイプ」
  • 「LMWアッカーマン・ジオメトリ」を採用するヤマハ トリシティ300 ABS
  • ヤマハ トリシティ300 ABS
  • KTM 1290スーパーデュークR(上)と1290スーパーデュークGT(下)
  • ハスクバーナ・モーターサイクルズ ピレン701シリーズ
  • Ninja ZX-25R

ピックアップ