JR九州の変電所にも電力貯蔵装置を導入し省エネ化…異常時対応も想定 11月20日

JR九州が導入する電力貯蔵装置のイメージ(左)と導入される装置本体(右)。
JR九州が導入する電力貯蔵装置のイメージ(左)と導入される装置本体(右)。全 1 枚写真をすべて見る

JR九州は11月15日、筑肥線の唐津変電所(佐賀県唐津市)に電力貯蔵装置を導入すると発表した。11月20日から運用を開始する。

これは電車が減速する際に発生する回生電力を、一時的に変電所の蓄電池(リチウムイオン電池)に貯蔵するもので、省エネ化のほかに、停電などの異常時に駅間に停車した電車を安全な位置まで移動させることも想定して導入される。

装置の製造元は東芝インフラシステムズで、設備容量は1000kW、貯蔵容量は290kW。電力貯蔵装置はJR東日本や小田急電鉄にも導入されている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 両側面に「遙か水平の先を見つめる龍馬像」をデザインしたという1号車の「Kurofune」のイメージ。帯部分のデザインは蒸気機関をモチーフにしている。
  • 以前はドアが勝手に閉まるトラブルも発生したことがあったTX-2000系電車。
  • 2015年3月の開業以来、1日平均の利用者数は1万1000人台を推移しているえちごトキめき鉄道だが、当初の方針どおり、開業から6年目となる2020年4月に運賃改定に踏み切ることになった。写真は「日本海ひすいライン」のET122形。
  • 今年が最後となるイギリス向け「Class800」の陸送見学。
  • 延伸区間の浦添前田駅付近を行く試運転列車。2019年4月。
  • 2012年に秋田県内で運行されたSL列車。
  • 2019年「ブルーリボン賞」に輝いた小田急70000形GSE。
  • 4号車

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/11/16/316216.html/article/2018/11/15/316215.html/article/2018/11/16/316217.html