KTM が電動モトクロスレーサー、2時間の競技が可能…EICMA 2018

KTM SX-E 5
KTM SX-E 5全 3 枚写真をすべて見る

KTMは、「ミラノモーターサイクルショー2018」(EICMA 2018)において、KTM『SX-E 5』(KTM SX-E 5)をワールドプレミアした。

KTM SX-E 5は、KTMの50ccクラスのモトクロス競技車両、KTM『50SX』の電動バージョンだ。モトクロス競技の初心者でも扱いやすく、かつ競争力のある電動レーサーを開発することを目指した。

バッテリーは、「KTMパワーパック」と呼ばれる。ジュニアクラスのレーサーがモトクロス競技において、2時間以上走行できる航続を確保した。バッテリーの充電時間はおよそ1時間。また、シートには高さ調整機能が付く。

KTMはSX-E 5について、パフォーマンスや信頼性、安全性などの面で、電動ミニサイクル市場の新基準を打ち立てる、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ダラーラ DW12
  • メンバー1800名のfacebookコミュニティ「バイク女子部」、知ってますか?
  • 趣味のひとつとして、ビンテージオフのレースにも参戦している藤村さん。最近はボクシングも始め、その魅力を伝えたいと女性ボクサーをテーマにしたウェブサイト「GIRL'S FIST」を展開している。興味のあることにはとことんのめり込む。
  • 人気画家フランセス・スィーヒ氏のライブペインティング
  • BMW F850GSアドベンチャー
  • バイクやクルマをエレガントに楽しむ、大人のための「モーターファション」を提案するモトーリモーダ(東京都中央区銀座8-16-6-1F)
  • GG Retorofitz社が販売するキットを装着したヤマハ YZF-R25
  • イメージ (AC)

ピックアップ