KTM が電動モトクロスレーサー、2時間の競技が可能…EICMA 2018

KTM SX-E 5
KTM SX-E 5全 3 枚写真をすべて見る

KTMは、「ミラノモーターサイクルショー2018」(EICMA 2018)において、KTM『SX-E 5』(KTM SX-E 5)をワールドプレミアした。

KTM SX-E 5は、KTMの50ccクラスのモトクロス競技車両、KTM『50SX』の電動バージョンだ。モトクロス競技の初心者でも扱いやすく、かつ競争力のある電動レーサーを開発することを目指した。

バッテリーは、「KTMパワーパック」と呼ばれる。ジュニアクラスのレーサーがモトクロス競技において、2時間以上走行できる航続を確保した。バッテリーの充電時間はおよそ1時間。また、シートには高さ調整機能が付く。

KTMはSX-E 5について、パフォーマンスや信頼性、安全性などの面で、電動ミニサイクル市場の新基準を打ち立てる、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ヤマハ・ライディング・アカデミー、インストラクター伊集院忍さん
  • LPL(開発責任者)筒井則吉氏(写真右)とLPL代行・吉田昌弘氏。
  • ドゥカティ ディアベル1260S
  • ホンダ 400X 新型
  • ホンダ CB650R 新型
  • KUSHITANI CAFE 阿蘇店
  • DREAM CB750FOUR
  • カンナム・ライカー(Can-Am Ryker)

ピックアップ