SRS-Fスカラシップ最終選考会、世界を目指す精鋭5名が参加 11月22日

SRS-Fスカラシップ最終選考会(参考画像)
SRS-Fスカラシップ最終選考会(参考画像)全 2 枚写真をすべて見る

鈴鹿サーキットレーシングスクール フォーミュラ(SRS-Formula)は、2018年度スカラシップ(奨学制度)最終選考会を11月22日、鈴鹿サーキット(フルコース)にて開催する。

SRS-Fは、国内初の本格レーシングスクールとして1995年にスタート。以来、佐藤琢磨や松下信治など、数多くのレーシングドライバーを輩出し、国内外のトップレースで活躍を続けている。

選考会には、澤龍之介、木村偉織、太田格之進、三宅淳詞、岡本大地、様々なスキルを磨いてきた5名が参加。地元三重県出身の三宅と岡本は、SRS-Formula受講と同時に鈴鹿クラブマンシリーズのスーパーFJレースに参戦し、それぞれ安定した速さを見せ、三宅は現在3勝しランキングトップとなっている。

選考会では、フリー走行、計測走行ののち、10周の走行を2ヒート。走行終了後、この日までの成績をもとに、中嶋悟校長をはじめとする講師陣による協議を行い、今年度のスカラシップ獲得者を決定。SRS-Fスカラシップ獲得者は、ホンダの育成ドライバー「HFDP(ホンダ フォーミュラ・ドリーム・プロジェクト)」の一員として、2019年度のモータースポーツに参戦する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ホンダ・シビックタイプRリミテッドエディション
  • 鈴鹿サーキットの「NISSINブレーキへアピン」(コーナー中央部付近)。
  • 2019年のF1日本GP(鈴鹿サーキット)。
  • 2019年の鈴鹿10時間耐久レース。
  • ベントレー フライングスパー PHEV 開発車両(スクープ写真)
  • アウディ Q5スポーツバック プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ゴルフオールトラック 新型(上)とゴルフヴァリアント 新型(下)のプロトタイプ
  • ブガッティ シロン 派生モデルプロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ