「タイヤチェーンを装着していない車両通行止め」規制標識を設定

(イメージ)
(イメージ)全 2 枚写真をすべて見る

国土交通省は15日、冬期道路交通確保対策検討委員会が大雪時の道路交通を確保するため、チェーン規制の実施を提言したことを踏まえ、道路標識、区画線、道路標示に関する命令を改正すると発表した。

改正案では、タイヤチェーンを取り付けていない車両の通行を禁止する意味を表示する規制標識を新設する。また、画像表示用装置を使って道路標識を表示する場合、背板の色に関する規定を追加する。これによって分かりやすく表示できるLEDを用いた電光表示を可能とする。

11月15日から11月28日まで改正案に関する一般からの意見を聞いた上で、12月上旬に公布・施行する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 日本初の鉄道とタクシーを組み合わせた貨客混載輸送
  • オーストラリアでリコールされたBMW 3シリーズ(写真は欧州仕様)
  • 事業に使う車両
  • (イメージ)
  • ポルシェ 911タルガ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズアクティブツアラー の現行型(左)と次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q2 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ヴィーズマン MF6 開発車両(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/11/17/316266.html/article/2018/11/17/316265.html/article/2018/11/17/316267.html